信濃川火焔街道

リンク お問合せ
火焔土器をまなぶ

HOME > 火焔土器をまなぶ > 縄文イベント通信 > 火焔型土器を聖火台に!五輪組織委員会に要望活動を実施

縄文イベント通信

火焔型土器を聖火台に!
五輪組織委員会に要望活動を実施

 去る平成29年11月7日(火)、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の遠藤利明副会長に、聖火台デザインへの火焔型土器の採用をはじめとする、縄文文化の発信などを要望しました。

2020東京オリンピック・パラリンピックを機に、日本の縄文文化を世界に発信しようと活動する「縄文文化発信サポーターズ」の参加首長とともに、遠藤副会長に要望書を手渡しました。

当日は、小林達雄國學院大學名誉教授(信濃川火焔街道連携協議会顧問・サポーターズ会長)と、上村津南町長(信濃川火焔街道連携協議会会長)、長岡市長、十日町市長、魚沼市長を含む8市町の首長等で訪問。

縄文文化発信サポーターズ代表幹事でもある磯田長岡市長が「縄文文化は日本固有の文化であり、世界に誇るべき価値があります」とアピールすると、遠藤副会長も「五輪は日本文化を世界に発信する絶好の機会。日本全体の財産としてぜひ検討したい」と応えていただきました。

ページの先頭へ戻る