信濃川火焔街道

リンク お問合せ
おもしろ考古学コラム

HOME > おもしろ考古学コラム > 縄文と岡本太郎

縄文と岡本太郎

岡本太郎の紹介

1911年、川崎市生まれ。岡本一平・かの子を父母にもつ。
東京美術学校(現在の東京藝術大学)中退後、渡欧。パリ大学のマルセル・モース門下で民族学を修める。アプストラクシオン・クレアシオン協会会員(1937年脱退)、国際シュルレアリスム・パリ展に《傷ましき腕》を出品。
ジョルジュ・バタイユと親交を深め「コレージュ・ド・ソシオロジー」、秘密結社「アセファル(無頭人)」に参加。帰国後、兵役につき中国戦線へ。復員後、上野毛にアトリエを構え活動を開始。花田清輝らと「夜の会」を結成し、戦後の前衛芸術運動を牽引した。
国内外で旺盛な創作活動を行う傍ら、1952年2月、縄文土器に出会った衝撃を「四次元との対話―縄文土器論」として『みづゑ』に発表。その後、『芸術新潮』の「日本再発見―芸術風土記」連載をきっかけに、列島各地のフィールドワークを精力的に行い、独自の視点による著作を多数発表。
1970年の日本万国博覧会(大阪)では、テーマ館展示プロデューサーを務め、《太陽の塔》を制作する傍ら、メキシコに断続的に渡り、《明日の神話》を制作した。近年、壁画が日本に移送され修復されたことは記憶に新しい。1996年1月に死去。


石井匠さんの紹介

 1978年、静岡県生まれ。京都造形芸術大学非常勤講師。岡本太郎記念現代芸術振興財団『明日の神話』再生プロジェクトスタッフ。

 岡本太郎に触発され、浪人時より絵を描き始める。1999年、第2回岡本太郎記念現代芸術大賞展、入選。2000年、新潟県長岡市にて岡本太郎へのオマージュ作品『宇宙をひらく』(三尺玉花火模型)を公開制作。金大偉らとともに藝學統合誌『OPUS』発刊。2001年、第4回猿田彦大神フォーラム「猿田彦大神と未来の精神文化」《表現》助成に選出。2002年、伊勢市猿田彦神社おひらきまつりにて、『異界への風穴』を発表。2005年、神職資格(正階)取得。2006年、第9回猿田彦大神フォーラム「みちひらき研究」助成、一席。芸術・学問・宗教の三本柱で活動中。

主要論文

「縄文土器の文様構造」『國學院雑誌』107‐7
「対極の神話―現代の猿田彦・岡本太郎の創造した神話世界」
『あらはれ』猿田彦大神フォーラム年報10号、他。

ページの先頭へ戻る