信濃川火焔街道

リンク お問合せ
信濃川火焔街道連携協議会とは

HOME > 信濃川火焔街道連携協議会とは

信濃川火焔街道連携協議会

協議会設立趣旨(平成14年8月設立)

 火焔土器に代表される縄文をキーワードに、信濃川中流域の市町村と交流・連携をはかり、地域振興及び広域観光を推進することを目的とし、各市町村の遺跡や展示施設を拠点にしたハード・ソフト両面での有機的な連携により、地域内外へ、積極的に情報発信していきます。

 また、火焔土器にとどまらず、共通の自然・文化による広域的な連携・交流を視野に入れ、官民で幅広く取り組むこととします。

 なお、設立当初は、長岡市、十日町市、津南町、中里村の2市1町1村で立ち上げましたが、平成15年度に三島町が加入し、市町村合併を経て構成市町村が2市1町となりました。

 その後、沿川市町村に対して連携を呼びかけ、平成21年度に新潟市が加入し、平成22年度には三条市が加入し、現在4市1町によって構成されています。

 今後も沿川市町村に対して、連携を呼びかけていきます。

全体事業概要

ページの先頭へ戻る